Staff Interview2022

事業推進本部 制作開発部 ポストセールスチームH. Y.

人生にムダなことはひとつもない

本人曰く“おっさん”キャラ。つかみどころのない天才肌でもある。子どもの頃の夢が漫画家だったように、絵を描くことが大好き。逆に事務作業は大嫌い。ものづくりを満喫したいとの想いからフォースリーにジョイン。やりたいことが叶った環境でのびのび活躍中である。

【My Favorites】
ゲーム / ジンギスカン / ガジェット / ドラクエ / お寿司

社会に出て知った自分の適性

本当はものづくりを仕事にしたかったんです。でもそういう道に進むのは専門教育を受けた人だけと決めてかかっていました。だから私は新卒で生命保険会社に入社し、契約書をひたすらチェックする事務として働くことにしました。両親とも金融系企業に勤めていたこと、金融系の就職に強い大学だったことも選択の後押しになりました。

ただ学生時代に経験した大型ディスカウントストアでのPOP制作アルバイトや女性向けWebメディアでの長期インターンの楽しさがどうしても忘れられなかったんです。加えて仕事に就いてからわかったのですが、事務作業がとことん自分に向いていない。これはもう長く続けられないと思い、転職を決意しました。

転職エージェントからはいままで制作した作品のポートフォリオはありますか、と言われたのでPOPや個人的に描いていた絵を渡しました。それが目に止まったのか、フォースリーからWebライター兼任で絵を描いてみないか、と声をかけていただけて。面接では山田さんが過去のアルバイトや作品制作についていろいろと聞いてくださいました。他の会社は事務経験の話ばかりだったので、その時点でうれしかったことを覚えています。

ものづくりを満喫できる環境で

その後、二次面接では当時ハマっていたゲームの話題で盛り上がり、最終面接も型にはまらない雑談のような感じ。リラックスして素の自分を出せた反面、採用されるか不安でした。でも内定をいただけたのでホッとしました。過去、実際に手を動かしていたことや夢中になっていたことをポジティブにとらえていただけたのかな、と思っています。

入社直後は広告記事のWebライターをやりつつ、バナーのデザインを手掛けていました。やりたかったことが叶ったので本当にうれしかった。もともとWebメディアでのインターン経験を活かしてWordPressや画像編集ソフトなどを最初から問題なく使えたのも大きなアドバンテージになりました。

いまはLINE公式アカウントの運用とクライアントのLP、HPの修正およびディレクションが中心です。まさにものづくりのどまんなかに関われていて、難しいけどそのぶん面白いです。

非言語情報をどこまで言語化できるか

単純にPOPを作ったり絵を描いたりするのとは違って、制作ディレクションは、翻訳者だと思っています。例えば、クライアントから、「かわいい感じで!」と要望をいただいたら、色味は…とか、サイト上での動かし方は…とか、具体的に翻訳してデザイナーにお伝えすることが求められます。いまの私には知識が全然足りません。でも一つずつ、着実にアップデートしています。

LINE公式アカウントの運用では仮説を立てて実践し、検証するフローが踏めるところに手応えを感じていますね。運用業務にはWebライター的な側面もあるので、いままでの経験をフル活用しながら勉強しています。しかもLINE公式っていまかなり注目されているサービスですよね。すごく自分の適性にあっていると思います。

仕事の上で最も意識しているのはミスをしないこと。そして自分が伝えたいことをニュアンスまで含めて伝えられるようにすることです。ミスはそもそも多くて…誤字脱字も含めて細心の注意を払っています。ニュアンスまで細かく伝えるというのは文字や言語だけでなく、非言語情報をもできるだけ言語化していきたいということ。ただテキスト情報が多すぎると結論がぼやけることもあるので、そこはジレンマでもありますが。

人生にムダなことはひとつもない

入社してからの大きな気づきは、人生にはムダなことってないな、ということ。たとえば以前ならスマホでYouTubeやTikTokを眺めたり、SNSに没頭するのって時間のムダだとしか思ってませんでした。ムダだと思いつつ、やっていた。でもそれがいまや仕事になりつつある。市場調査という点では非常に有益な時間なんです。

また絵を描くことも生産性のない行為だと思っていました。だけどその絵のおかげでこうしてフォースリーとご縁が生まれたわけです。そう考えると、一見ムダだと思えることも頭から決めてかからず続けてみる。あるいは意味を持たせられるような行動をする。「カメラを見つめて座り続ける」だけの動画をYouTubeに投稿した人が大人気になる時代です。何事もムダはないし、継続することが大事なんですね。

フォースリーは本当に懐の深い会社です。ちょっと変わり者だと自認する私のことも、ごく自然に受け入れてくれます。そもそもいろんなタイプが自然と集まっている環境ですからね。いままで居場所がなかった…というような人も全然オッケーだから、そういうことで悩んでいるならぜひ応募してみるといいと思います。

Contact

会社のこと、サービスのこと、採用のこと、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら