Staff Interview2022

エージェンシー事業部 アフィリエイト部A. N.

もう自分をごまかさない

接客業をメインにキャリアを重ねてたどり着いた夢の第一歩、それがフォースリーでのデザイナーの仕事。無邪気でマイペースなキャラだけど、仕事の習得はハイペースで。デザインの領域を拡げていき、いずれは海外を転々としながらフリーなスタイルで働きたい。

【My Favorites】
写真撮影 / ギター / 料理 / SUP / 旅行 / 映画 / 動物 / 大阪 / スニーカー

5社目でようやく夢に近づいた

年齢の割には転職回数が多いんです、私。製薬会社の総務からスタートして、宿泊施設のフロント、光回線申込のチャットサポート、スポーツブランドのアパレル店員を経てフォースリーに入社しました。やりたいことに気づいたのはホテルのフロントのとき。エクセルやワードを使ってチラシやPOPを作る仕事があって、それが楽しかったんです。

でもWebデザインの募集は経験者採用ばかり。なかなか働き口は見つかりません。やむなくアパレルショップで働きはじめたとき、たまたま顔見知りにフォースリーの人がいて。Webデザイン、ウチならできるかもしれないから受けてみない?って。ようやくチャンスが回ってきたんです。

フォースリーの印象はすごく自由な感じ。もちろん、やることをやっているからこその自由です。面接も型にハマッた感じではなく、私の趣味のSUPの話題で盛り上がったりして。普段の自分を出すことができました。ただ、最終面接はあまり上手く話せなかったので凹んでいたんですが、なんとか内定をいただけることに。めちゃくちゃうれしかったですね。

目的を明確にしてデザインする、ということ

入社後はWeb広告を理解するために媒体のリクルーティングや表記チェックを主に担当していました。でも最近、少しずつバナーのデザインを担当するようになって。ますます仕事に夢中です。リサイズや新規作成なんですが、特に新規作成は難しいですね。思ったより配色やフォントのサイズ、種類がたくさんあって、どれを採用したらいいのか迷うことも。

ただ、林さんからは目的を持ってつくりなさい、とアドバイスされました。何をフォーカスさせたいのか考えを持つこと。人の目を惹くには何を目的にして作成していけばいいのか考えよう、と。この言葉にはかなり心が動きましたね。それまでの私はなんとなく気分で色や文字を選んでいた。でもそれでは良し悪しもジャッジできないわけです。目的を果たすことを明確にすれば、判断基準も生まれるし、ロジックも積み上がります。

林さんの発言にはいつも本当に学ばされています。最終面接でも私の中にある社長像とはまったく違うものを感じたと同時に質問が的を射ているんです。自分の軸がすごくしっかりしている方なんだなって伝わってきて。一つひとつの言葉が本質を突いているのでものすごく勉強になっています。

わからないことを絶対に放置しない

それまでの私は、周囲に気をつかいすぎていました。わからないことや疑問が生まれても、こんなことを聞いたらウザがられるかな、とか思って遠慮して。でも、フォースリーでは上の人にうるさいと思われてもいいから、自分が納得するまで聞こうと決心しました。疑問に思ったこと、わからないことを絶対に放置しない、と決めたんです。

これ、HPにも書いてある言葉ですが、自分の中でも絶対に曲げないつもり。デザイナーとして一人前になりたい夢があるから。しっかり勉強して、修行して、自分のスキルを上げていきたいんです。そのためにもここはブラしたくない。もう自分自身をごまかさない。中途半端な自分と決別して、デザインにおいては一切妥協せずにやりきります。

最近、美容サロンのクリエイティブを作成したのですが、これが第2弾、第3弾と続いていて。ある日、配信されているのを目にして、これ私が作ったんだ…と感慨にふけってしまいました。うれしかったです。若い子がクリックしてくれたらいいなと思っていたんですが、配信されているだけでうれしかった(笑)。

どんなものでも作れるデザイナーになりたい

振り返ると、少し前までは今の自分を想像できませんでした。ここまでの道のりは長かったんですが、ムダなことはなかったと思う。自分でも本当にうれしいし、家族もみんな喜んでくれて、幸せな気持ちです。ようやく見つけたやりたいことと、それができる環境。だから一日一日を大切にして、少しずつでも成長できるようにがんばりたい。

将来的にはバナーやLPはもちろん、ホームページでもなんでも一人で制作できるクリエイターになりたいです。海外でデザインの仕事ができたら言うことなしですね。いろんな国にいって、その国の文化や考え方を吸収する。自分の目で見たもの、感じたことをデザインに反映させていけたら、と思います。

いずれはフリーランスになれたらうれしいんですが、フォースリーなら籍を置いたままでもフリーな動きができるかもしれません。そんな選択肢を持てるよう、いまはとにかく先輩や林さんから学べることをすべて学んで、まずは一人前のデザイナーを目指します。

Contact

会社のこと、サービスのこと、採用のこと、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら