Staff Interview2022

マーケティング事業部 メディア部F. K.

デザイン思考で“当たり前”を疑う

自他ともに認める縁の下の力持ち。デザインをより本質で捉え、当たり前を疑うことで課題解決に導く日々。裏方としてのポテンシャルをいかんなく発揮しつつ、本人曰く「さらに先回りしてサポートしていきたい」という向上心の塊である。宮崎を代表する慎重派。

【My Favorites】
カフェラテ / ふとん / 家族 / 漫画 / 散策

問題解決のためのデザインを

子どもの頃、絵を描くのが得意だと思っていたんです。だから将来その延長線上で仕事ができれば、と考えて高校も大学もデザイン科を専攻しました。主にDTPを学んで、そのままエクステリア関連の会社に就職。建物の外装デザインの補助だったのですが、一年ちょっとで辞めることに。

その後、もう一度やり直すつもりで職業訓練校に通い、Webデザインを勉強しました。そこではマーケティングの授業があって。マーケティングって考えることが中心になりますよね。そのときに思い出したのが、そもそもデザイン思考というか本質を見極めて課題解決に導くのが楽しかったな、ということ。視覚的に表現することより問題解決の思考部分が面白かったんですね。

そんなある日、訓練校経由で紹介会社からフォースリーの話を聞きました。Web広告だし、マーケティングの話をしていたので、いままで勉強してきたことが活きるかも、と。説明会に参加したら林さんがインパクト抜群な話で場を盛り上げていて。ものすごく面白かった。そこから面接を希望して、訓練校で面接の練習を重ね、なんとか合格をいただけました。

考えることが仕事そのもの

じゃあ入社後はデザイナーとして活躍しているのか、というとそうじゃないんですね。マーケティング事業部メディア部で、収支管理表というお金の出入りの記録を付けています。いわゆる事務的な仕事ですね。私も最初は「ん?」と思ったんですが、これがやってみると非常にしっくりくる。収支管理表以外にも何か問題があったときの解決のためにスプレッドシートで情報をまとめたり、データ集計や分析検討、情報の整理管理編集など私の志向性に合うものばかりなんです。

役割としてはメディア部のみなさんが滞りなく業務に取り組めるようにサポートする、というもの。裏方としてメディア部のビジネスを支えているわけです。そして問題解決。いままでの積み重ねがフォースリーにはあります。そして慣習化されているものの中に問題点がないとはいい切れません。もしかしたらそれが非効率のタネかもしれない。

そういった「当たり前」を疑うことでさらなる業務効率の向上を図る上でデザイン思考は必要不可欠。私が考えたことで少しでも工数が減らせれば、心の中でガッツポーズです(笑)。そのためにも思考を停止させないこと。考えることが仕事そのものですから。自分の中で生まれた違和感をそのままにしないようにしています。

問題から目をそらさずに向き合う

入社してからの大きな変化は、自分の意見を言えるようになったことですね。以前は疑問に思ったときに上の人に何かを言うのが怖いという感覚がありました。でもフォースリーは人の意見を決して否定しません。代案を持ってたとえばこうしてみては?と発言したらほとんどの人が考慮してくれる。それで発言しやすくなったんですね。

この変化によって問題点に目を向ける確率が上がり、きちんと目を向けようという意識が強くなりました。問題から目をそらしたくなることもあるけど、そこを向き合う。もちろん解決しにくいこともあります。できるだけ早く解決したいんだけどそうもいかなかったり。でもすごく良い状態の自分になれている、という手応えは感じています。

フォースリーの好きな面は、個人を尊重してくれるところですね。私はあまり積極的ではない性格なんですが、そういうところを否定しない。多様性を認めてくれるんですね。だから居心地がとてもいいんです。あと、誰と話しても面白い。個性的な方ばかりで誰と話しても絶対に学ぶところがあります。

言われる前に先回りしてサポートする

昔の自分からは今の姿は想像できません。ひとくくりにして言えば事務じゃないですか。そういう方向の仕事に就いているとは思っていなかったので。ただ、視覚的な表現を意味するデザインではないというだけで、思考そのものはデザインだし、むしろクリエイティブな仕事だと認識しています。

入社の時に林さんに言われたのは、絵を描くのが好きなら黙々と一つのことに打ち込める、ということ。それで収支管理表の仕事を担当することになったんじゃないかと思っています。私にとっては得意でも、苦手な人もいるみたいですし。こんなピンポイントで上手くハマる仕事に就けるなんて、本当に恵まれていますね。

とはいえ自分の仕事を振り返ると…まだまだ不十分なところがたくさんあります。言われないと気づかないこともあるし、私の視野が狭まるときもあるので、もっと自信を持って発言したり業務を遂行できるようになりたいですね。言われなくても先回りしてサポートできるようになる。それがいまのところの目標です。

Contact

会社のこと、サービスのこと、採用のこと、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら